風俗嬢の社会保障はどうなっているの?

ytdjd
風俗で働くに当たって社会保障について気になるという人もいるのではないでしょうか。風俗で働く人はさまざまでOLや学生と掛け持ちをしている人もいる一方で、風俗嬢専業で働いている人もいるでしょう。前者であればわざわざ用意をしなくてもいいということがありますが、後者であればどうなっているのか気になります。ここでは風俗嬢の社会保障がどうなっているのかについて紹介していきます。

社会保障はついていないと考えた方がいい

風俗店の多くは個人事業主扱いですので、社会保障についてはついていないという風に思っておいたほうがいいです。雇用保険や労災保険には加入していないので、そのための備えを自分でやっておいたほうがいいでしょう。国民年金や国民健康保険については自分で加入のための手続きを行う必要があります。

風俗嬢で働けなくなった時には無給になりますので、給料が高いからと言って何も備えをしていないというのではまずいです。高い給料の中からいろいろと備えておかなければいけないことは多いですので、すべてのことについて自分で管理をやっていく必要が出てきます。管理をしていくに当たり仕事とプライベートをしっかりと区別した上で、生活をしていったほうがいいでしょう。

社会保障完備の求人もあるが、加入のための条件がある

男性スタッフについては正社員で働くことになりますので社会保障がついていることが多いですが、風俗嬢についてはレアケースと言ってもいいでしょう。風俗嬢希望の女性がそのことについて勘違いをしてしまうということもあり得ますので、事前に社会保障がついているのかという確認を怠らないようにします。

しかし、最近は社会保障が完備している風俗求人というのも出てきています。社会保障が完備しているということで入店したにもかかわらず、実は完備していないということが後からわかった場合には騙されたという気持ちになりますので、事前に社会保障が本当についているのかということを確認しておきましょう。社会保障が本当についているのであれば、風俗嬢を正社員として扱ってくれるということになります。

社会保障については加入するための条件というのがあるでしょうから、そこのところを面接時などに細かく聞いておいたほうがいいでしょう。何日以上何時間以上勤務しないといけないとか、どのくらい稼がないといけないというノルマがあったりします。仕事をするに当たってノルマがあるわけではありませんが、社会保障を受けるためにノルマがあったりしますので、そこのところは十分に気をつけた方がいいでしょう。

社会保障がついている求人に応募するメリット

風俗で働くとなるといろいろな部分に気を遣う必要があります。将来についての不安もあるでしょうし、お客様から性病を移されるということもありますし、精神的にうつになることもあるでしょう。こういう時に社会保障がついているとありがたいです。社会保障制度であれば風俗嬢が全額負担ではなく、風俗店側が一部負担してくれますので、保障の上でもたくさんのメリットがありますし、気持ちの上で楽に働けるでしょう。

社会保障がついていないことが多い

風俗嬢については個人事業主に当たりますので、社会保障がついていないことが多いです。最近は社会保障がついている求人も出てきていますので、求人サイトで社会保障完備で絞り込み検索をするといいでしょう。社会保障が本当についているのかを確認することを忘れないようにします。

新着情報

◆2016/08/29
風俗嬢の社会保障はどうなっているの?の情報を更新しました。
◆2016/08/29
インフォメーションを新規投稿しました。
◆2016/08/29
仕事とプライベートを区別することが重要の情報を更新しました。
◆2016/08/29
サイトマップを新規投稿しました。